検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 4 在庫数 2 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

作家と酒 

著者名 平凡社編集部/編
著者名ヨミ ヘイボンシャ ヘンシュウブ
出版社 平凡社
出版年月 2021.9


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


マイ本棚へ追加ログインするとマイ本棚を利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館資料番号資料種別帯出区分請求記号配架場所状態書庫状態
1 中 央9183959653一般帯出可914.6//新刊新着本貸出中 
2 美 浜1103650148一般帯出可914.6//新刊新着本貸出中 
3 みずほ7800240262一般帯出可914.6//開 架在庫 
4 朝日丘7600431741一般帯出可914.6//開 架在庫 

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

2021
914.68
随筆-随筆集

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1000802002401
書誌種別 図書
書名 作家と酒 
書名ヨミ サッカ ト サケ
著者名 平凡社編集部/編
出版社 平凡社
出版年月 2021.9
ページ数  (枚数) 292p
大きさ 18cm
ISBN/レーベル番号 978-4-582-74713-3
分類記号 914.68
内容紹介 ほろ酔い、泥酔、二日酔い…そして今宵も酒を呑む。開高健、吉田健一、赤塚不二夫、中上健次、さくらももこら、昭和の文豪や現代の人気作家46人による、酒にまつわるエッセイ、詩、漫画、写真資料を収録。
件名1 随筆-随筆集

(他の紹介)内容紹介 きょうも一杯、いい気分。開高健、吉田健一、赤塚不二夫、中上健次、さくらももこ、内田百閒…。酔いどれ作家46名のエピソード。
(他の紹介)目次 1 酒呑みの流儀(正しい酒の呑み方七箇条/おいしいお酒、ありがとう(杉浦日向子)
二十年来の酒(立原正秋) ほか)
2 酒の悪癖(酒徒交伝(永井龍男)
失敗(小林秀雄) ほか)
3 わたしの酒遍歴(ホワイト・オン・ザ・スノー(中上健次)
音痴の酒甕(石牟礼道子) ほか)
4 酒は相棒(ブルー・リボン・ビールのある光景(村上春樹)
薯焼酎(伊丹十三) ほか)
5 酒場の人間模様(未練(内田百閒)
カフヱーにて(中原中也) ほか)


内容細目表:

1 正しい酒の呑み方七箇条   12-13
杉浦 日向子/著
2 おいしいお酒、ありがとう   13-15
杉浦 日向子/著
3 二十年来の酒   16-19
立原 正秋/著
4 或一頁   20-25
林 芙美子/著
5 ビールの歌   26-37
火野 葦平/著
6 酒と小鳥   38-41
若山 牧水/著
7 ビールの味   42-45
高村 光太郎/著
8 あたしは御飯が好きなんだ!   46-51
新井 素子/著
9 二分法的に   酒のエッセイについて   52-59
丸谷 才一/著
10 酒徒交伝   62-67
永井 龍男/著
11 失敗   68-71
小林 秀雄/著
12 酒は旅の代用にならないという話   72-77
吉田 健一/著
13 一品大盛りの味   尾道のママカリ   78-85
種村 季弘/著
14 更年期の酒   86-91
田辺 聖子/著
15 やけ酒   92-93
サトウ ハチロー/著
16 『バカは死んでもバカなのだ 赤塚不二夫対談集』より   94-103
赤塚 不二夫/述 野坂 昭如/述
17 ビール会社征伐   104-109
夢野 久作/著
18 ホワイト・オン・ザ・スノー   112-117
中上 健次/著
19 音痴の酒甕   118-123
石牟礼 道子/著
20 酒の楽しみ   124-133
金井 美恵子/著
21 eについて   134-137
田村 隆一/著
22 先生の偉さ   138-140
横山 大観/著
23 酒   140-141
横山 大観/著
24 酒のうまさ   142-145
岡本 太郎/著
25 私は酒がやめられない   146-157
古川 緑波/著
26 ビールに操を捧げた夏だった   158-163
夢枕 獏/著
27 妻に似ている   164-166
川上 弘美/著
28 ブルー・リボン・ビールのある光景   168-171
村上 春樹/著
29 薯焼酎   172-179
伊丹 十三/著
30 サントリー禍   180-187
檀 一雄/著
31 香水を飲む   188-193
開高 健/著
32 人生がバラ色に見えるとき   194-195
石井 好子/著
33 パタンと死ねたら最高!   196-203
高田 渡/著
34 風色の一夜   204-209
山田 風太郎/述 中島 らも/述
35 冷蔵庫マイ・ラブ   210-213
尾瀬 あきら/著
36 『4コマちびまる子ちゃん』より   214-217
さくら ももこ/作
37 こういう時だからこそ出来るだけ街で飲み歩かなければ   218-227
坪内 祐三/著
38 焼酎歌   228-231
山尾 三省/著
39 未練   234-237
内田 百間/著
40 カフヱーにて   238-239
中原 中也/著
41 三鞭酒   240-245
宮本 百合子/著
42 星新一のサービス酒   246-249
筒井 康隆/著
43 とりあえずビールでいいのか   250-255
赤瀬川 原平/著
44 「火の車」盛衰記   256-259
草野 心平/著
45 水曜日の男、今泉さんの豊かなおひげ   260-268
金井 真紀/著
46 終電車   269-277
たむら しげる/作
戻る

本文はここまでです。


ページの終わりです。