検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 15 在庫数 15 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

カルチャー千葉 第25号(特集:ベイシティライン京葉線)

著者名 千葉市文化振興財団
著者名ヨミ チバシ ブンカ シンコウ ザイダン
著者名 田中 美和子
著者名 綿貫 専太郎
出版社 千葉市文化振興財団
出版年月 1991.


この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


マイ本棚へ追加ログインするとマイ本棚を利用できます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 所蔵館資料番号資料種別帯出区分請求記号配架場所状態書庫状態
1 中 央9100915816地域帯出可C051//25C開架在庫 
2 中 央9101216758地域禁帯出C051//25C開架在庫 
3 中 央9101216767地域禁帯出C051//25C書庫在庫 
4 稲 毛3100186635地域禁帯出C051//書 庫在庫 
5 稲 毛3101315380地域帯出可C051//開 架在庫 
6 若 葉5100919827地域帯出可C051//25開 架在庫 
7 若 葉5100919836地域禁帯出C051//25書 庫在庫 
8 花見川7100161956地域帯出可C051//書 庫在庫 
9 美 浜1101907930地域帯出可C051//開 架在庫 
10 みやこ2100401383地域帯出可C051//書 庫在庫 
11 2300733576地域帯出可C051//書 庫在庫 
12 白 旗2200454719地域帯出可C051//25開 架在庫 
13 西都賀5200586938地域帯出可C051//書 庫在庫 
14 あすみ6200838151地域帯出可C051//書 庫在庫 
15 打 瀬9100915843地域帯出可C051//25開 架在庫 

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

千葉市文化振興財団 田中 美和子 綿貫 専太郎
1991
C051

書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトルコード 1000010205296
書誌種別 図書
書名 カルチャー千葉 第25号(特集:ベイシティライン京葉線)
書名ヨミ カルチャー チバ
著者名 千葉市文化振興財団
著者名 田中 美和子
著者名 綿貫 専太郎
出版社 千葉市文化振興財団
出版年月 1991.
ページ数  (枚数) 92P
大きさ 26
分類記号 C051
件名1 京葉線
注記1 第11巻第1号 背の書名「CULTURE CHIBA」



内容細目表:

1 自治会集会所「三和会館」(汐見丘町)、中央消防署「サイレン」(中央)
沢本 吉則/著
2 田中美和子(パーソナリティー、船橋市在住)(この人25)P6
3 京葉線特写四景(夢の島熱帯植物館、東京ディズニーランドなど)P14
4 ベイシティライン京葉線マップ P17
5 京葉線誕生の背景
高橋 喜代治/写真と文
6 蘇我(駅)-房総と東京圏の接点 P20
7 千葉みなと(駅)-千葉新都心のかなめ P21
8 稲毛海岸(駅)-海浜公園と住宅群 P22
9 検見川浜(駅)-圧倒される高層住宅群 P24
10 海浜幕張(駅)-新都心の明と暗 P26
11 新習志野(駅)-退いてゆく海 P28
12 南船橋(駅)-総合レジャーゾーンの中心 P30
13 京葉線原風景-海・空き地・港・鉄橋・住宅団地(葛西臨海公園の海など)
14 二俣新町(駅)-三角形の底辺 P37
15 市川塩浜(駅)-海と工場と鳥と P38
16 新浦安(駅)-幻の「青べか物語」 P40
17 舞浜(駅)-消えた「東京ディズニーランド駅」P42
18 葛西臨海公園(駅)-スグレものの水族館 P44
19 新木場(駅)-公園の緑と材木の町の対照 P46
20 潮見(駅)-運河、運河、運河 P48
21 越中島(駅)-商船大学の街 P48
22 八丁堀(駅)-普通の下町 P49
23 東京(駅)-地下四階、乗換え遠く P50
24 検見川(旧千葉街道)(ストリート物語 その2) P54
25 綿貫専太郎(綿貫国際奨学財団 理事長 1908年生)
26 堀 辰雄(小説家 「麦藁帽子」「風立ちぬ」など)
石橋 充子/著
27 麻生磯次(江戸文学研究の第一人者 1896~1979)
川村 優/著
28 千葉市の化石14-海綿の化石
福田 芳生/著
戻る

本文はここまでです。


ページの終わりです。