[ページの先頭。]
[本文へジャンプ。]

千葉市図書館
→ English → 中文 → ハングル
CHIBA City library 文字拡大/音声読み上げ
→ ホーム → リンク集 → サイトマップ
千葉市図書館

図書館のほんについて

おすすめの本などのリスト

赤ちゃん絵本(0歳から2歳)

いないいないばあ

いないいないばあ

(松谷みよ子 あかちゃんの本)
松谷みよ子ぶん 瀬川康男え 童心社 (1981年)

 ねこ、くま、ねずみ、きつねが、ページをめくると「いないいないばあ」。赤ちゃんの大好きな"顔遊び"の絵本です。読み終わったら、赤ちゃんとお母さんで「いないいないばあ」をしてください。
 シリーズの中で「あなたはだあれ」「いいおかお」「おさじさん」「のせてのせて」「もうねんね」がおすすめです。。

おつきさまこんばん

おつきさまこんばんは

(福音館 あかちゃんのえほん)
林明子作 福音館書店 (2000年)

 お月さまとおはなししているような言葉と、お月さまの表情が豊かな絵本。親子で夜空のお月さまを見てから絵本を見ると、一層楽しくなるでしょう。
 シリーズに「おててがでたよ」「きゅっきゅっきゅっ」「くつくつあるけ」があります。

がたんごとんがたんごとん

がたんごとんがたんごとん

(福音館 あかちゃんの絵本)
安西水丸作 福音館書店 (1987年)

 汽車が「がたんごとんがたんごとん」とやってきて、哺乳びん、コップ、スプーン、りんご、バナナ、子どもの好きなものをのせて終点まで運びます。
 「がたんごとん」のくり返し言葉と駅ごとに増えるお荷物が、子どもの心をわくわくさせます。

くだもの

くだもの

平山和子作 福音館書店 (1981年)

 写実的に描かれた、すいか、もも、ぶどう、おいしい果物。皮をむいてお皿に入れ、フォークをそえて「さあどうぞ」とさしだす。子どもは、思わず絵本に手をのばします。「さあ どうぞ」はやさしく語りかけてください。
 同じ作者で「やさい」「いちご」もおすすめします。

たまごのあかちゃん

たまごのあかちゃん

かんざわとしこ文 やぎゅうげんいちろう絵
福音館書店 (1993年)

 「たまごのなかでかくれんぼしてるあかちゃんはだあれ?でておいでよ」と声をかけると、卵からつぎつぎ赤ちゃんがでてきます。
 子どもたちは、次は何がでてくるかな?とわくわく夢中になります。

だれかしら

だれかしら

(どうぶつあれあれえほん)
多田ヒロシ作 文化出版局 (1978年)

 たんじょう日に友達いっぱいくるかしらと思っていたら、誰かが「とんとんとん」。ドアの窓から見える体の一部分だけでは誰だかわかりません。ドアを開けると…。
 今度は誰かな?と想像し、ページを繰るのが楽しくなります。  同じ作者で「なにかしら」があります。

ぶーぶーじどうしゃ

ぶーぶーじどうしゃ

山本忠敬作 福音館書店 (1998年)

 大好きな自動車がいっぱい、実物そっくりに描いています。画面の隅にいるおもちゃの車にのった男の子と、車のお話をして遊ぶのもよいでしょう。

ばいばい

ばいばい

まついのりこ作 偕成社 (2001年)

 ひよこ、ぞう、うさぎ、きりん、かえるが楽しそうに「こんにちは」「ばいばい」。小型の絵本の中で二つの言葉が弾みます。子どもと一緒に「こんにちは」「ばいばい」と絵本に呼びかけてください。子どもの心に心地よく響くことでえしょう。
 同じ作者の赤ちゃん絵本シリーズに「あめふり」「おおきくなった」「おはよう」「じゃあじゃあびりびり」「みんなでね」があります。

このサイトについて

トップページへもどる

図書館からのおしらせ